CSR情報

CSR情報

プラスチックを地球のプラスにBRING PLA−PLUSプロジェクトに参画しています。

ジンズは、日本で一番アイウエアを販売している企業として、アイウエアのリサイクルに本気で取り組んでいます。環境省が支援する「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」に発足当初の2012年より参加。多くの企業が連携し、プラスチックの回収と再資源化を実現することで、社会全体で商品、消費者、リサイクルをつなげる「環境動線※1」を構築する取組みを支援しています。

※1 環境動線=消費者、回収、リサイクルを結ぶ軌跡を表す。その動きをつなげていくことにより、消費者がわかりやすく効率的な回収・リサイクルの仕組みづくりを構築すること。(BRING PLA-PLUS プロジェクトの定義による)

不要になったアイウエアの回収にご協力ください。

JINSはPLA-PLUSプロジェクト立ち上げ当初の2012年から参画。既に多くのお客様にご協力をいただいています。 アイウエアの回収にご協力いただいた方に、JINSオリジナル付箋をプレゼント!

よくあるご質問

  • どこのお店で回収しているの?

    日本国内のJINSおよび
    rim of jinsで回収しています。
    (沖縄県内のJINS,J of JINS除く)

    これまでJINSは、7.43t分のアイウエアを回収しました。(2018年11月現在)
  • どうやって回収するの?

    スタッフにお声がけの上、JINS 各店舗内に設置されている「BRING PLA-PLUS プロジェクトメガネリサイクルBOX」に不要になったメガネ、サングラスを入れてください。(※店舗によりボックスの設置場所は異なります)

    このBOX が目印です
  • メガネなら何でもいいの?

    日本発の高度な技術で、フレームもレンズも100%リサイクルされます。セルフレーム/メタルフレーム、メガネレンズ/サングラスなど、フレーム素材の種類、レンズの種類は問わず、アイウエア製品全てが対象です。(JINS 以外のアイウエアも対象となります。)

    リサイクル中のアイウエア

BRING PLA-PLUSプロジェクトとは?

BRING PLA-PLUSプロジェクトで集められたさまざまなプラスチック製品。このプロジェクトを展開する、日本環境設計さんの日本発の技術によって、エネルギーや新しい資源へとリサイクルされ、一部は新技術の開発に利用されます。
(BRING PLA-PLUS プロジェクトについて詳しくはこちら→

日本環境設計さんからのメッセージ

みなさんの家にもある使われなくなったプラスチック製品はそのほとんどが燃やされたり埋め立て処分されているのが現状です。BRING PLA-PLUSプロジェクトの参加企業はそんなプラスチック製品を未来の資源へとつなげるために、連携・協力して、プラスチック製品の回収・リサイクルに取り組んでいます。

みなさんの日常生活の中で、リサイクルが次のショッピングの、ショッピングが次のリサイクルへ繋がることで、リサイクルが今よりも普及、促進される社会のしくみが「環境動線」です。この環境動線を参加企業が連携・協力して構築・実施する取り組みがBRING PLA-PLUSプロジェクトです。

ぜひ、地球の未来のためにこのプロジェクトにご参加ください。

.
.
  • VISION
  • トップメッセージ
  • 事業内容
  • 製品
  • 会社概要
  • 沿革
  • AWARD
  • 役員一覧
  • コーポレートガバナンス
  • OUR OFFICE
  • CSR情報
今、僕が思うこと JINSの現在・未来を赤裸々に語ります 株式会社ジンズ 代表取締役CEO 田中 仁
カラダとメガネの研究所